CHANEL(シャネル)【マニキュア】が激安!…おすすめ海外コスメ激安通販サイトはココ!-ベティーズビューティーのレビュー…ココだけは見逃せない悪いとことキャンペーン!

CHANEL(シャネル)のマニキュアが激安!…『ベティーズビューティー』

CHANEL(シャネル)のマニキュアお勧めの選び方塗り方のコツのご紹介、そして良いところ・悪いところを検証してみたいと思います。

また、とってもお得に買えるお勧めの海外コスメ激安通販サイトもご紹介しますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のマニキュアが選ばれる理由! ◆◇◆

CHANELはココ・シャネルが立ち上げ、今や世界中の女性に愛されているブランドで、ファッションや化粧品などで有名ですが、マニキュアも非常に人気があります。

お値段は3000円以上とネイルの中ではかなりの高級品ですが、何十万もするバッグやお洋服を買うよりは手が出しやすいです。

指先までオシャレにこだわりを持ちたい!…というファッションに感度が高い女性達に人気です。

最近では100円ショップなどでもマニキュアは購入できますが、やはり大違いです。

一度試した方でリピートするという人は多く、お値段以上に魅力があるからこそ選ばれています。

マニキュアにはさまざまな色のバリエーションがありますが、ボトルを見て気に入って購入したのに、実際に塗ってみると全然違っていてがっかりしたと言う経験はありませんか?

CHANEL(シャネル)のマニキュア(公式サイトではネイルエナメルと呼ばれ、ヴェルニという名前がついてます。)なら、決してそんなことはありませんよ。

一度塗りしただけでも十分キレイですが、二度塗りすることでボトルとまったく同じ色の発色が得られるのです。

仕事に家事に育児にと忙しい現代女性たち、指先のおしゃれを諦めている女性の中には、塗った後の待ち時間が面倒だという方が多いのではないでしょうか。

そういう方にこそCHANEL(シャネル)を試していただきたいのです。

速乾性が高く、一度塗ると美しい色がそのままに長持ちしてくれるので、塗りなおしの手間から開放されますよ。

細めで弾力が感じられるハケで塗りやすく、美しく塗ることが出来るとメイクのプロからも評判も高いです。

結婚式などパーティーに呼ばれたときなど、特別のシーンでこそCHANEL(シャネル)のちょっと濃い目の色に挑戦しているということもあります。

そんな機会は年に1度か2度あるかないか!

次回使おうとした時、もしも固まってしまっていては3000円をドブに捨てるようなものです。

実はCHANEL(シャネル)のマニキュアって、固まりにくいという特性も持っているのです。

特別なシーンで指先を彩るためにぜひ挑戦してみてください。

数年経っても美しい発色そのままに、また使用することが出来るはずです

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のマニキュア…お勧めの選び方! ◆◇◆

一般的なマニキュアと違い、CHANEL(シャネル)はボトル色そのままのカラーが楽しめます。

そのため、とても選びやすいんですね。

大切なシーンで使用するのも良いですが、出来れば普段使いして、塗るたびにご褒美気分を味わいたいもの。

せっかくなら普段使い用のナチュラルカラーと、指先を華やかにする鮮やかカラーの2色を選ぶことをおすすめします。

日常用でおすすめなのが、まずは167のバレリーナです。

桜色のピンクで一度塗りだと自然に近く、二度塗りした場合にも透明感はそのままに白に近いピンク色に発色します。

可愛らしく使いやすい色ですよ。

491のローズコンフィダンシェルなら、大人っぽくローズピンクのカラーになります。

老若男女を問わず好ましく思ってもらえる色なので、職場にしていくのも良いです。

もっとおとなし目にというなら、559のフレンジーは肌色に近い淡いグレージュ。

逆に471のミンは華やかさも加わったベージュピンクで、オフィスだけでなくデートでも使用できます。

いずれも人気が高いので、この4色のうち1つは持っておいてソンはありません。

オフィスでは真面目で大人しめのイメージでも一度制服を脱ぐと化けてみたいもの。

特別なシーンで塗るCHANEL(シャネル)のマニキュアは、思い切ったカラーを選んでみてください。

どうしても抵抗があるなら、まずはペディキュアとして使用しても良いのです。

483のヴァンテッダはパープルであり、角度によって黒にも見えるようなかなり深い色味です。

セクシーで妖艶なカラーは男達を虜にするでしょう。

475のドラゴンは朱色に近い鮮やかなカラー。

一度塗りでも美しく出来る女性に魅せてくれるのはCHANEL(シャネル)ならではです。

せっかくだからもっと冒険してみたいというなら531のペリドがおすすめ。

ゴールドベースの玉虫色でおもしろいでしょう。

665のヴィヴラートは青、これが意外とお肌に馴染んで美しく輝いてくれるのです。

まずは定番色でCHANEL(シャネル)の良さを確かめて、更には特別シーンで映える思い切ったカラーをといった順序で攻めてみてください。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のマニキュア…塗り方のコツ! ◆◇◆

他メーカーのマニキュアの場合、太目のハケで爪に一気に塗ることで色むらしにくくしています。

ただし、それだと小指や足の爪など小さなところには塗りにくいですし、無駄に大量に付けてしまって爪先が剥げる原因になることもあるでしょう。

その点CHANEL(シャネル)なら、品質がよくムラができにくくなっています。

それゆえか毛が細く短めのタイプなので、初めは使いにくさを感じるかもしれません。

どうしてもやりにくいなら、手持ちの空き容器に移し替えて使用しても良いでしょう。

ただそれだと、せっかくのCHANEL(シャネル)の印字が入ったボトルを無駄にしてしまいます。

やはり日常使いにして、とにかく慣れるのが一番です。

小さめのほうが小回りが利くので、次第に塗りやすくなるはずです。

ボトルカラーをそのまま爪に再現したいというのであれば、基本的には二度塗りすることをおすすめします。

まず1回目は丁寧に形を取って塗るようにしてください。

初めに爪の根元部分をハケを横に動かすことで塗ってしまったら、あとは直線塗りという順序にすると塗りやすいですよ。

2回目はたっぷり目に取って爪に乗せましょう。

ポテッと膨らむくらいでも速乾性の高いCHANEL(シャネル)なら思った以上に早く乾いてくれます。

それに、短めで細いハケなので多すぎることはないはずです。

CHANEL(シャネル)以外のメーカーのハケを使用するなら、ポテッと具合は少し抑え目にしておいて下さい。

2回目はそれほどこだわらずとも、すでに端まで塗られているので、剥げて見えるようなことはありません。

1回目をゆっくり丁寧に塗っておけば、2回目は真ん中に乗せると言う程度で十分美しくなります。

ただ、誤って少しはみ出してしまったというなら、すぐにウッドスティックで削り取って修正しましょう。

スティックの先はヤスリで薄く削っておくと、細かい部分まで直しやすくなります。

ウッドスティックなら100円ショップにもあります。

うまく利用してきれいに塗りましょう。

CHANEL(シャネル)の場合一度塗ればしばらくは剥げることなく、美しい状態を保つことが出来まよ。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のマニキュア…良いところ! ◆◇◆

やはりさすがはCHANEL(シャネル)、評判は高く多くの方が良い口コミを上げています。

まずはやはりカラー、おしゃれな色が揃っていてしかもその色がそのまま自身の爪に再現できると言うのはかなり評価が高いです。

特に人気なのはベージュ系・ピンク系です。

それなりのお値段がするからこそ、オフィスでもプライベートでもあらゆるシーンで使うことが出来る1瓶というのを選ばれるようです。

玉虫色など珍しい色も多いので、他にはないカラーを求めてCHANEL(シャネル)に行き着いたという方もいます。

バリエーションが多いからこそ、ピンクでも本当に欲しかったピンクが手に入るのも強みです。

使い勝手の良さでよい評価を上げている方も多いです。

CHANEL(シャネル)は塗りやすく速乾性があるのは今時の女性にピッタリです。

1度塗りでも十分、2度塗りすればボトルカラーそのままの発色にと1本で2度楽しめるのでお値段3000円で2本買っているようなものです。

開封して数年たっても固まることなく品質が変わらないので、安心してさまざまなカラーに挑戦することが出来ます。

世界のハイブランドであるCHANEL(シャネル)の文字が入っていますから、お部屋に置いておくだけでも様になります。

塗りやすさが高評価なのも当然のことで、間口を広くすることで手に取りやすくなるようにと人間工学に基づいてボトルデザインが選ばれています。

それでいて首の部分は細くなっているので、液漏れして服を汚してしまったなんて失敗もありません。

薄膜を貼ることで塗布に丁度適した量がハケに含まれ、つややかな塗り心地も実現します。

小さめのハケは細かな部分まで塗りやすく、「もう他のメーカーに戻ることは出来ない」と言われているお客様もいるくらい、とても小さな瓶ですが、その一つ一つにCHANEL(シャネル)だからこそのこだわりが詰まっています。

3000円以上と聞くと高く感じるかも知れませんが、実際に使ってみるとお値段以上の良さにリピーターが続出です。

たかがマニキュアと侮るなかれ、指先からおしゃれにこだわってみませんか。

CHANEL(シャネル)はそんな女性達を応援してくれます。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のマニキュア…悪いところ! ◆◇◆

とにかく評判の良いCHANEL(シャネル)のマニキュアですが、いろいろな方がいるため悪い口コミもまったくないわけではありません。

具体的にどういった悪い評判があるかというと、やはり多いのがそのお値段。

100円でも買うことのできる時代に、その30倍もCHANEL(シャネル)に出すのに抵抗がある方は多いです。

ただ実際に試してみれば、それだけの価値があることは分かってもらえるはずです。

それからもっとこんな色もあれば良いのにと思われている方だっています。

いくらCHANEL(シャネル)はカラーバリエーション結構揃っていると言っても限度はあります。

ただ、今も新色は次から次へと出ているので、いつかは好みにドンピシャのものと出会えるかもしれません。

日本だけでなく世界中で使われているCHANEL(シャネル)、使用する女性のお肌の色ももともとの爪の色もそれぞれ異なります。

ものによっては日本人の、特にあなたの肌色にはいまいちのものもあることでしょう。

出来れば試し塗りしてみるか、それが無理なら日本で特に人気の高いものから選んだ方が失敗は少ないことでしょう。

派手すぎて使いにくかったという口コミも見られました。

だったら1度塗りにしておくか、ペディキュアとして使う方法もあります。

逆に3度塗りしているという人もいます。

そうするとハードなお仕事にも関わらず1週間持たせることができたという口コミもありますし、薄すぎる色づきのものをプライベートでもしっかり楽しむことが出来るでしょう。

塗るのは週に1度くらいとは言っても、やはり塗りにくいと毎回ストレスです。

細くて短いというCHANEL(シャネル)ならではの刷毛に「使いやすい・小回りが利いてよかった」という評価が多い一方で、「使いにくい」という意見も無いわけではないのです。

今までにないタイプなので慣れていないのでしょう。

これを使いこなせるかどうかで評価は分かれます。

ただ、CHANEL(シャネル)は使いにくいからと3000円の品を置いたままにしておくのはとても惜しいことです。

何度も練習してみる・容器を変えるなど、オシャレにこだわりたいなら、対処法を考えましょう。

計算し尽された形状なので、慣れると今度はこれでないと!…って感じになって、評価がぐんと上がるはずです。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)の購入は【海外コスメ激安通販サイト】がお勧め! ◆◇◆

CHANEL(シャネル)のマニキュアを購入するとなると、デパートに行かなければと思われていませんか。

近くにお店がないという方もいるでしょうし、やはりある程度きちんとした服装でないと敷居も高く面倒になってきませんか。

確かに、試し塗りは出来るものの、他にもいろいろと勧められたら断りきれず予算がかかってしまうかもという心配もあります。

今時女子なら通販での購入というのもやっているでしょうが、ただでさえ高い品が送料もプラスされて更に高額に、消耗品だけに出来ればプチプラで買いたいものです。

そんな時におすすめなのが海外コスメの激安通販サイトです。

ただし、悪質なサイトもあるので、注意が必要です。

私がよく利用してるのは『ベティーズビューティー』という通販サイトで、海外のコスメ商品を幅広く取り扱っています。

CHANEL(シャネル)はマニキュアだけでなく化粧品もありますし、ディオールやプラダなど他の有名ブランドも、すべてインターネットを利用して手軽に購入出来るのです。

これならわざわざ行かずとも普段着で、朝に夜にショッピングできます。

そして更に嬉しいのが「激安」の文字!

なんと定価よりも88パーセントオフなんてものもあるのです。

普段は高くともセール時期が設定されていたり期間限定で割引なんてこともあるので、日頃から目を留めておいて、いざというタイミングで気になっていたCHANEL(シャネル)の商品を一気に手に入れてしまいましょう。

海外のものを通販でというと、怪しげな商品をつかまされるのではと思われているかもしれませんが、サイトによっては後払いでオッケーのところも、それなら安心して注文できます。

次々とさまざまな新製品が出てくる中で、油断しているとお気に入りのカラーがすでに日本では廃盤となっていることもありますが、そんなのも手に入ります。

デパートでは決して買うことが出来ない商品ですから、テンションも上がるでしょう。

CHANEL(シャネル)のマニキュアが気になってはいるけれどとにかくネックとなるのはそのお値段という方、ぜひ一度試してみましょう。

今までデパートまで行っていたのが馬鹿らしくなるくらい、普段使っているものが破格のお値段で販売されていたりしますよ。


おすすめ記事

CHANEL(シャネル)コスメ

CHANEL(シャネル)【チーク】



■LINK■