CHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】が激安!…おすすめ海外コスメ激安通販サイトはココ!-ベティーズビューティーのレビュー…ココだけは見逃せない悪いとことキャンペーン!

CHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】が激安!…『ベティーズビューティー』

CHANEL/シャネル【フェイスパウダー】選ぶ時の注意点として、お勧めの選び方や効果的な使い方のご紹介、そして口コミから評判を検証したいと思います。

またCHANEL(シャネル)のフェイスパウダーがとってもお得に買える、お勧めの海外コスメ激安通販サイトもご紹介しますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)の【フェイスパウダー】が選ばれる理由! ◆◇◆

CHANEL(シャネル)のコスメはどれもトレンドを押さえていて発色も良く、上品な煌めきがあります。

CHANEL(シャネル)にはフェイスパウダーが4種類あるので、それぞれ見ていきましょう。


まず1つ目がルースパウダーのCHANEL(シャネル)「プードゥル・ユニヴェルセル・リーブル」です。

ルースパウダーは微粒子のためほんの少しの量で肌が綺麗に整う便利な化粧品。

フェイスパウダーなのにカバー力も抜群なので下地とコンシーラー、ルースパウダーだけでも十分な仕上がりになるのです。


2つ目が紫外線カットも出来ちゃうCHANEL(シャネル)「ル・ブラン・ルースパウダー」です。

これはSPF50でフェイスパウダーなのに高い紫外線カット力を持っています。

化粧をしていれば日中日焼け止めを塗り直すのは大変ですが、これを塗っておけば日焼け止めとしても十分ですよ。


3つ目がお直しにも便利なプレストパウダーのCHANEL(シャネル)「レ・ベージュ・プードゥル・ベルミン」です。

コンパクトが少し小さめなので持ち歩きにも便利でお直し用に使うと便利です。

健康的で艶のある肌を演出したいのであればばっちり。

カバー力も抜群でナチュラルメイクが出来ます。


最後がハイライター、チークとしても活用出来るCHANEL(シャネル)「プルミエール・フルール」です。

ハイライターとチークが一体型になった限定品なので1つ2役なので便利な化粧品になります。

3色入っているのでそのまま着けるだけでも良いのですが、ブレンドして使っても良い優れものです。


CHANEL(シャネル)のフェイスパウダーはどれも超微粒子で陶器のような肌を作ることが出来ます。

しかも化粧崩れがしにくいので最後に塗ることをおすすめしますよ。

◆◇◆ CCHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】の選び方! ◆◇◆

どれも良さそうでどれにしたら良いのかわからない、という方もいると思うのでどうやってCHANEL(シャネル)のフェイスパウダーを選んだら良いのかについてもお教え致します。

困った時に参考にしてみて下さい。

CHANEL(シャネル)のフェイスパウダーにはルースパウダーとプレストパウダーの2種類があります。


フェイスパウダーはファンデーションと違って油分が少ないので粉状になっているのですが、ルースパウダーはよりさらさらな状態なっています。

そのため肌にも綺麗に広がって肌全体に乗せやすいです。

主にベースメイクの後に使って化粧崩れを防ぎ、透明感のある仕上がりで、皮脂を抑えたい、肌に透明感が欲しい、日焼け止めとして使用したい、と言う方におすすめです。

他にも乾燥肌の方の場合には肌が呼吸しやすいのでこちらの方がおすすめです。

CHANEL(シャネル)の「プードゥル・ユニヴェルセル・リーブル」と「ル・ブラン・ルースパウダー」がこのルースパウダーになります。

日焼け止めを重視したいかどうかでどちらを購入するか決める良いかもしれません。

どちらも肌をワントーン明るくしてくれて化粧崩れも防いでくれる優れものです。


CHANEL(シャネル)のプレストパウダーは圧縮して粉を固形に固めたもので、粉飛びしにくいのが特徴です。

なので持ち歩くのに便利なので、お直し用として持っておくと化粧直しが簡単に出来て良いですね。

顔がてかってしまうので何とかしたい、マットな仕上がりの方が良い、というのであればCHANEL(シャネル)の中でもこちらの方がおすすめです。

また、オイリー肌でちょっと肌のきめが粗いというのであればカバー力の優れているこちらの方が良いです。

CHANEL(シャネル)の「レ・ベージュ・プードゥル・ベルミン」と「プルミエール・フルール」の2種類がこのプレストパウダーになります。

もしもチークの直しをするもの面倒くさい、一つで済ませたい、というのであれば「プルミエール・フルール」を。

チークは別なものを使って使い分けをしたいというのであれば「レ・ベージュ・プードゥル・ベルミン」の方にすると良いですね。


フェイスパウダーも家で化粧をする時用、お直しとして持ち歩く用といったように使い分けると良いかもしれません。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】の効果的な使い方! ◆◇◆

そんなCHANEL(シャネル)のフェイスパウダーの使い方も見ていきましょう。


CHANEL(シャネル)のルースパウダーの方からご紹介致します。

こちらはリキッド系ファンデーションを使用した後に使うのが基本です。

パフにムラなく粉を乗せてとんとんと叩くように乗せていきます。

擦ってしまうとファンデーションがよれてしまうので注意しましょう。

全体にムラなく乗せると綺麗にカバーすることが出来ます。

それに対してパウダーファンデーションの場合には先にルースパウダーを乗せます。

なぜかと言うと、粉に粉を乗せたら当然粉っぽさが増してしまうので汚く見えてしまいます。

先に付けることによって皮脂による化粧崩れを防ぐことが出来るので、ナチュラルに仕上げることが出来ます。

特に皮脂の出やすい額や鼻にしっかりと乗せると崩れにくくなるので、ちょっと皮脂が多いかなと思ったら重点的に乗せておくと良いですよ。

自分の使っているファンデーションによってどう使い分けるのかというのを意識しましょう。


次はCHANEL(シャネル)のプレストパウダーの使い方も見ていきます。

プレストパウダーもリキッド系ファンデーションの後に付属のブラシで塗るとムラなく塗ることが出来て綺麗に仕上がります。

また、プレストパウダーは粉っぽさを抑えるために使用するのがおすすめなので、パウダーファンデーションの前に塗ります。

それからルースパウダーを乗せる時にべたつきが気になって厚塗りしてしまいがち、と言う場合にも先に塗ると厚塗り感なく仕上げることが出来ます。

他にも夕方ちょっと皮脂が気になるな、という時に使っても良いです。

ちょっと気になるな、というのであればそのままふんわり乗せれば化粧持ちしますよ。

だけどちょっとテカリが気になってしまう、というのであれば一度ティッシュオフしてから乗せると厚塗り感なく仕上げられるのでおすすめです。

もしも乾燥肌でどっちのフェイスパウダーを使えば良いかわからない、と言う場合には部分によって使い分けるようにしましょう。

そうすると全体的にCHANEL(シャネル)らしいクオリティーの高い仕上がりにすることが出来ますよ。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】の評判…良い口コミ! ◆◇◆

だけど実際に使ってみると良かったり悪かったりと様々な印象があります。

実際に使った人の口コミからCHANEL(シャネル) フェイスパウダーの評判を検証してみましょう。

まずはルースパウダーの「プードゥル・ユニヴェルセル・リーブル」です。


『着けたては少し粉っぽいようにも感じるけれどもすぐに馴染んで艶感もあるしコスパも良いのでずっと使っている』


という意見です。

CHANEL(シャネル)の化粧品は馴染みが良くてしっとりとするという意見が全体的に多いですね。

このルースパウダーは陶器のようにしっとりと仕上がりになるので、CHANEL(シャネル)のフェイスパウダーの中でも人気になっています。

次が「ル・ブラン・ルースパウダー」は


『肌に透明感が出て綺麗に見えるしラメも繊細で派手過ぎないので使いやすい』


という意見です。

空気のようにCHANEL(シャネル)だったら軽い着け心地で仕上がりもナチュラルになります。

それでいてカバー力も抜群という優れものです。

プレストパウダーの「レ・ベージュ・プードゥル・ベル・ミン」についてです。


『シャネルにしては珍しいベージュデザインのケースでおしゃれ、容量は少ないけど一回に使う量も少ないし、それでカバー出来るので問題ない』


と言う意見です。

少量ブラシにとって顔に乗せるだけでも綺麗にカバーすることが出来て、紫外線カットもすることが出来ます。

コンパクトが通常よりも薄めなので持ち歩きにも便利ですよ。

最後が「プルミエール・フルール」で、


『ハイライト、チークの両方として使用することが出来て便利だし、色を混ぜてブレンドしても使えるので色んな場所に使える』


という意見です。

やはり1つで2役というのは便利ですよね。

模様もオリエンタルな模様が入っていて可愛らしい印象で見ていても楽しい一品です。

一回頬に乗せるだけで十分に綺麗に仕上げることが出来ますよ。

CHANEL(シャネル)のフェイスパウダーはどれも少量でも十分なカバー力があるので、単価は高くても長持ちして意外とコスパが良いのです。

しっとりとした仕上がりなのでつやっとした肌が良い、という方には艶感が足りない、となるかもしれませんが、自然な艶が出る仕上がりになりますよ。

◆◇◆ CHANEL(シャネル)【フェイスパウダー】の評判…悪い口コミ! ◆◇◆

もちろん全員に受け入れられる商品を作れる訳がないのでCHANEL(シャネル)のフェイスパウダーには低い評価も当然あります。

なのでそちらの方もちゃんと見ていきましょう。

まずはCHANEL(シャネル)「プードゥル・ユニヴェルセル・リーブル」についてです。


『乾燥肌なので冬場に使用すると暫くすると粉がふいてしまうので夏場しか使用していない』


と言う意見です。 パウダーなのでパウダーファンデーションの上に乗せてしまえば粉がふいてしまうことはありますが、乾燥肌でも時間が経つとこうなってしまうこともあるようですね。

冬場のルースパウダーの使用は様子を見ながらした方が良いかもしれません。

次が「ル・ブラン・ルースパウダー」について見ていきましょう。


『夏の日焼け対策として購入して気に入っていたけれども粉を着けている、という感じになので使い心地は微妙』


という意見です。

パウダータイプは粉っぽくなる、と言うのは多くの人が感じているのかもしれません。

ちょっと乾燥肌で気になる、という場合には先に下地の下に使ってみると良いかもしれませんね。

プレストパウダーの「レ・ベージュ・プードゥル・ベル・ミン」についてです。


『ブラシで着けるから厚塗り感もなく使えるけど可もなく不可もなくという使い心地』


という意見です。

人それぞれ肌質に差があるのでどうしてもこういった部分の差はあります。

一度カウンターできちんとタッチアップをして、時間をおいてどうなるのか、という点も確認してから購入した方が良さそうです。

最後が「プルミエール・フルール」は


『表面にラメが付いていて綺麗だけど使用して1、2回で取れてしまうので普段使うやつと変わらなくなってしまうけど、イエローベース肌であれば使いやすい』


という意見です。

せっかくのラメが1、2回でなくなってしまうのはちょっと勿体ない気がするので、しっかりキープして欲しいですよね。

それから基本的にCHANEL(シャネル)に付属しているブラシやパフは硬い、薄いと評判があまり良くありません。

CHANEL(シャネル)のブラシはヤギの毛を使っているので硬めになってしまうのですが、どうしても気になる場合には別に用意したものを使った方が良いかもしれませんね。

CHANEL Makeup

◆◇◆ CHANEL(シャネル)のフェイスパウダー購入は【海外コスメ激安通販サイト】がお勧め! ◆◇◆

だけどCHANEL(シャネル)はちょっと高すぎて継続して購入するのは難しい、という方も多いと思います。

確かにCHANEL(シャネル)を国内で購入しようとすれば高い関税がかかってしまうので高額になってしまいます。

かといって海外に行く用事や出張なんてないし、と諦めてしまいがちですが、実は海外コスメを安く購入することが出来るサイトがあるのです。

でもそういうのって詐欺も多いんじゃないの?…と不安になりますよね。

そう!…確かに詐欺サイトもあるので、特に異常に安すぎるサイトはご注意くださいね。

ちなみに私のお勧めは『べティーズビューティー』というサイトで、安心してお買い物できますし、これがまた結構安く購入することが出来るのです。


例えばCHANEL(シャネル)の「プードゥル・ユニヴェルセル・リーブル」は4%引きになって定価6480円が6170円になり、「ル・ブラン・ルースパウダー」は7%引きに定価8640円が7980円になります。

「レ・ベージュ・プードゥル・ベル・ミン」は4%引きになって定価7128円から6790円になります。

CHANEL(シャネル)は他のコスメアイテムも結構充実していて、アイシャドウやチーク、口紅等では1000円以上安くなっているものもあるので、かなりお得に購入することができますよ。


おすすめ記事

CHANEL(シャネル)コスメ

CHANEL(シャネル)ミラー



■LINK■