CHANEL(シャネル)【アイシャドウ】が激安!…おすすめ海外コスメ激安通販サイトはココ!-ベティーズビューティーのレビュー…ココだけは見逃せない悪いとことキャンペーン!

CHANEL/シャネルのアイシャドウが激安!…『ベティーズビューティー』

CHANEL/シャネルのアイシャドウ選ぶ時の注意点として、お勧めの選び方や効果的な使い方のご紹介、そして口コミから評判を検証したいと思います。

またCHANEL(シャネル)のアイシャドウがとってもお得に買える、お勧めの海外コスメ激安通販サイトもご紹介しますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

◆◇◆ CHANEL/シャネル【アイシャドウ】が選ばれる理由! ◆◇◆

CHANEL(シャネル)と言えばファッションアイテムのみならず、毎年新作のバッグも注目を浴びます。

あの有名なロゴが入ったハンドバッグを持つのが憧れ!…と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな魅力いっぱいのCHANEL(シャネル)ですが、ブランドの始まりは、ココ・シャネルが女性だけなぜコルセットを着用して窮屈な服を着なければならないという、固定観念に疑問を抱いたことからです。

そして、その古い価値観を捨てるために新たな女性像を確立しようと、当時、ファッション界では誰も使っていなかった伸縮性のある生地を使って、スーツをデザインました。

ココ・シャネル自身が自由奔放な性格ということもあり、心まで開放的にしてくれる女性のためのスーツが誕生したのです。

そんなシャネルがデザインしたスーツは、固まった女性像に縛られていた女性にとって、象徴的な存在であったと言われています。

やがてCHANEL(シャネル)は化粧品も販売するようになり、注目されるようになったのはマリリン・モンローがきっかけです。

もう皆さんもご存知だと思いますが、寝る時にはCHANEL5番しか身に着けなかったという有名な話があります。

それをきっかけとして、大人の女性のためのハイブランドとして認知されていったのです。

今回はそんなCHANEL(シャネル)のアイシャドウについて見ていきましょう。

CHANEL(シャネル)の特徴は、なんといってもトレンド感もバッチリののものばかり。

流行の色は国際流行色委員会が決めていますが、CHANEL(シャネル)は一筋縄ではいきません。

独自のカラー展開を見せ、世の女性陣の心を掴むのです。

それだけではなく、上品なラメ感やパール感が下品にならないのにキラリと光るのも人気の理由の一つです。

それだけではなく圧倒的なステータス性を持っているのも人気の理由と言えるでしょう。

誰もが知ってるCHANEL(シャネル)のロゴの入ったケースは、持っているだけで気分も上がりますし、周りからも羨望の目で見られることでしょう。

デザインへのこだわりも服やバッグなどと一緒で一貫性があり、部屋に置いておいてもインテリアのようなスタイリッシュなデザインになっています。

なのでおしゃれなものを持ちたい!…という女性心理も満たしてくれるのです。

しかもアイシャドウと言っても、CHANEL(シャネル)ネルには質感の違うクリームタイプとパウダータイプがありますし、カラーバリエーションもとっても豊富に揃ってます。

それぞれの好みの違いにも対応出来ますし、肌の色やシチュエーション等使い分けたい、という時でも大活躍してくれます。

◆◇◆ CHANEL/シャネル【アイシャドウ】の選び方! ◆◇◆

CHANEL(シャネル)のアイシャドウは沢山色があるし、クリームタイプとパウダータイプがあるから何を選べば良いのかわからない、という方にそれぞれの特徴と選び方をお教え致しますね。


まずクリームアイシャドウの特徴について学んでいきましょう。

CHANEL(シャネル)アイシャドウのクリームタイプはしっとりときめ細かいテクスチャーで、シルクのような手触りをしています。

そして発色が良く、色落ちもしないので持ちが良いのも特徴です。

上品なラメ感がとっても美しく見えます。

だけど、実はぼかしにくいので、ちょっとグラデーションを作るのは難しいという点もあるので注意が必要です。

でもベースとして使うと綺麗に出来ますよ。

カラーバリエーションはその時々によって変動しますが、8色以上はあるので、お好みの色を選ぶことが可能です。


次はパウダーアイシャドウについて学んでいきましょう。

CHANEL(シャネル)のパウダータイプももちろん発色が良く、持ちが良く、しかもぼかしやすいのでグラデーションを作るのには最適です。

パウダーなのにしっとりとしているのもCHANEL(シャネル)の特徴ですね。

1つのパレットに4色入っているので、1つ持っていればそれだけで簡単にグラデーションを作ることが出来ます。

CHANEL(シャネル)には単色のアイシャドウもあるので、単色をいろいろ組み合わせて購入するのもアリです。

だけど色はどうやって選べば良いんだろう?…とお悩みであれば、ご自身の肌の色を見てください。

化粧品を決める基本はイエローベース肌かブルーベース肌かになります。

日本人に多いのが全体的に黄色味がかったイエローベース肌ですね。

それから日焼けをしたら黒くなる、黒目が茶色っぽい、明るいブラウン系の髪色でも似合うといった特徴もあります。

イエローベース肌の場合にはオレンジやブラウン系、ゴールド等明るい温かい色味の方が良く似合います。

それに対してブルーベース肌は全体的に青白くて日焼けをしない、黒目が濃い、暗い髪色の方が似合うといった特徴があります。

その場合には温かいピンク系かスタイリッシュに見えるブルー系シルバー系が良く似合うのです。

ラメが入っているとより一層映えます。

だけどもしもどっちかわからない?…という場合には、#52のブルーミングローズをおすすめします。

青みがかったピンク色でどちらの肌でも綺麗に見えるので迷ったらまずブルーミングローズにしてみましょう。

◆◇◆ CHANEL/シャネル【アイシャドウ】の効果的な使い方! ◆◇◆

そんなCHANEL(シャネル)のアイシャドウは、どう使ったら良いのでしょうか。

CHANEL(シャネル)は上品な煌めきでまるで粉のように、軽いテクスチャーが人気です。

色味によってはゴージャスにもなりますが、可愛らしい印象にもなります。

CHANEL(シャネル)がおすすめしているアイシャドウの効果的な使い方は、クリームタイプとパウダータイプの2種類を併用することです。

クリームタイプの方が落ちにくくてベース向きな質感になっています。

なのでクリームタイプを全体的に塗ってからパウダータイプでラインを入れて、ブラシでくるくるっとぼかすと綺麗なグラデーションを作ることが出来ます。

2種類あると化粧の幅も広がり、今までにない仕上がりになります。

但しクリームタイプは時間が経つと落ちにくくなってしまうので、手早く済ませるのがコツです。

それだけではなく単色パウダータイプをいくつか買ってブレンドするのもおすすめになります。

単色で瞼に乗せてぼかしても上品で可愛らしいのですが、ピンクとブラウン、ピンクとオレンジのように手の甲に一度取ってブレンドして自分だけのカラーを作っても良いですね。

4色入っているCHANEL(シャネル)のパレットのものを買って、単色のアイシャドウを購入すれば、沢山の色を楽しむことが出来ます。

CHANEL(シャネル)は組み合わせ次第で、無限大で色を楽しむことが出来ますよ。

人気色が入った4色パレットのレ・キャトル・オンブル(キャトルはフランス語で4の意味)は、その4つの色で綺麗な瞼を作ることが出来ます。

取り敢えず単色で買うとカラーに困る、と言う場合にはレ・キャトル・オンブルにしちゃいましょう。

クリームタイプは使う時に指で瞼に乗せると色にムラが出てしまいやすいので、付属のブラシを使うのがおすすめです。

塗った後に手早く指で押さえてぼかすと自然な仕上がりになります。

乾燥してしまうと化粧崩れしにくいのですが、その分ちょっとグラデーションを作るのは難しいかもしれません。

指でぼかすのは難しい、と言う場合にはブラシに少し着けてから重ね塗りしてグラデーションを作ると良いですよ。

◆◇◆ CHANEL/シャネル【アイシャドウ】の評判を口コミから検証 ◆◇◆

■良い口コミ!

CHANEL(シャネル)ネルのアイシャドウって実際に使ってみたら違う!…ということもありますよね。

なので、ここからはCHANEL(シャネル)のアイシャドウの評判を口コミから検証してみましょう。

まずはオンブル・プルミエール・クレームという10色で展開しているクリームアイシャドウです。


「CHANELは重ね付けしても十分発色して上品に光るし、化粧を落とすまで落ちないので便利」


⇒という意見です。

CHANEL(シャネル)のオンブル・プルミエール・クレームはクリームならではのなめらかなテクスチャーで色持ちも良く発色も綺麗と人気になります。

こちらの方はやはりパウダーとも併用しているようですね。


もう一つクリームアイシャドウとして有名なのはCHANEL(シャネル)のイリュージョン・ドンブルになります。


「ラメが沢山入っているけれども子供っぽくならず大人っぽい発色で、ずっとしっとりとした状態を保っていた」


⇒という意見です。

現在販売しているのは4色ですが、生産終了のものを合わせれば21色と展開もすごく広がっています。

ちょっとラメ感が強めですが、それでも上品さを失わないのがCHANEL(シャネル)ということですね。


次はパウダーアイシャドウでも人気のレ・キャトル・オンブルです。

4色入っていて、カラーバリエーションも20種類とかなり豊富なアイシャドウになります。


「ナチュラルな化粧が好きでも派手な仕上がりにならずに満足出来てバランスが良い」


⇒という意見です。

自分の好きなカラーリングでグラデーションを作ったり色をブレンドしてみることが出来るので、CHANEL(シャネル)のはかなりコスパが良いです。


最後がパウダーアイシャドウのオンブル・プルミエール・プードゥルになります。

これはアイシャドウ本体にライオンが模してあって、カラーバリエーションも23色とかなり豊富です。


「粉飛びも少なくて粉っぽさもなく、上品なパール感もあるのでヘビロテで使いやすい」


⇒という意見です。

ブレンドもしやすく、サテン、マット、メタリックの3種類で展開しているのでCHANEL(シャネル)の中から自分好みのアイシャドウが見つかること間違いなし。

チップとブラシの両方が入っているので持ち歩きにも適していますね。


■悪い口コミ!

万人受けするメイクアップ商品は、どんなメーカーでも作ることは出来ないので、当然CHANEL(シャネル)でも評価の低い意見もあります。

こちらのほうも検証していきましょう。

まず1つ目がオンブル・プルミエール・クレームです。


「密着するので化粧崩れはしにくいけどぼかしにくいのでちょっと不便だし、クリームなので長期間使用すると段々固くなってしまう」


⇒という意見がありました。

化粧崩れがしにくく持ちが良いというのは言い換えればグラデーションは作りにくいということです。

また、クリームタイプなのでコスパが良い分長持ちしすぎて固くなってしまう、ということもあるようです。

グラデーションを作りたいというのであれば、やはり2種類別なものを使った方が良いようです。


次はCHANEL(シャネル)のイリュージョン・ドンブルについて見てみましょう。


「付属のブラシでやってみたけどぼろぼろ崩れてしまうので自前のブラシを使っている、1年くらい経つと乾燥して崩れてしまう」


⇒と言う意見です。

やはりクリームタイプの場合には乾燥してしまうのは避けられないことのようですね。

なるべく早く使い切るようにしましょう。


CHANEL(シャネル)のレ・キャトル・オンブルは人気の高いものですが、こちらも見ていきましょう。


「色味は良いけどブラシが使い辛く、丸いくぼみがあるので半分くらい使うとチップやブラシを使わないと取れなくて大変」


⇒という意見がありました。

どうしても形状の関係から取り辛くなってしまう、と言う意見は他の化粧品でもあった意見です。

見た目は良いけれども実用性ももう少し考えて欲しいところですね。


最後がCHANEL(シャネル)のオンブル・プルミエール・プードゥルです。


「粒子がとても細かいので粉が落ちちゃって下瞼に着いてしまったりするのでチップでちょっと押し付けるようにしないといけない」


⇒と言う意見です。

細かすぎる粒子が裏目に出てしまう、ということもあるようです。

CHANEL(シャネル)で共通して言われているのがブラシが粗悪であるという口コミが割と多くありました。

確かにCHANEL(シャネル)のブラシはヤギの毛を使っているので固く、ぼろぼろと崩れてしまう、という方が多いようです。

出来れば自分でお気に入りのブラシを用意した方が良いかもしれません。

LE MAT DE CHANEL - FALL-WINTER 2018 COLLECTION

◆◇◆ CHANEL/シャネルのアイシャドウ購入は【海外コスメ激安通販サイト】がお勧め! ◆◇◆

ここまでご紹介してきたCHANEL(シャネル)のアイシャドウはお値段が張るので、継続して購入するのは経済的に難しいと敬遠してしまいがちかもしれません。

ですが、海外コスメ激安通販サイトを利用すれば、意外と安く購入することも出来るのです。

だけど、そういうのって怪しいサイトが多いんじゃないの?…と不安になる方も多くいらっしゃると思います。

確かに悪質サイトというのも存在していて、極端に安かったりします。

そして代金を振り込んだのに商品は届かないし、音信不通にしてバックレてしまいます。

ですので、気になる場合には一度そのサイトの口コミ情報を確認してから購入することをおすすめします。

ちなみに私がお勧めできるのは、『べティーズビューティー』というサイトす。


結構割引されていてお安く購入することが出来ますよ。

例えばレ・キャトル・オンブルのティセ・カメリアは21%引きになって、定価7452円⇒5880円と1500円近く値引きされています。

カラーによって値引き率は異なりますが、最低でも9%引きになっているのでかなりお得に買えるようになっています。

また、オンブル・プルミエール・クレームは7%引きで定価4212円が3880円になるので、まあまあといったところでしょうか。

確かにCHANEL(シャネル)のアイシャドウは定価を見てしまうと髙いなって思うかもしれませんが、この値段だったら検討の余地もあるのではないでしょうか。

普段使っている化粧品に少しプラスαすれば購入出来る値段ですよね。

なんてった憧れのCHANEL(シャネル)!

ハンドバッグやアクセサリー、またお洋服ではちょっと遠い存在かも知れませんが、CHANEL(シャネル)の化粧品ならちょっと手を伸ばせば届く価格です。

一度買ってしまえば長持ちするので、意外とコスパが良いのもCHANEL(シャネル)の特徴です。

どうぞ頑張ってる自分へのご褒美として奮発してみてください。


おすすめ記事

CHANEL(シャネル)コスメ

CHANEL(シャネル)パウダー



■LINK■